忍者ブログ
さてはランドセルのその存在意義につき語らんとすれども、いかにもわたすの文章は駄文めいて、恥ずかしや。それでも恥をしのいでちょこちょことやってみることに。
[PR]
2018.10.23Tuesday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このさぶいランドセルって・・・
2013.01.22Tuesday
ちょうさぶいランドセルって御存知でございますか?
え?さぶいってわからん?はいはい、さむってことですよね。
ランドセルのお題目ってのは、なぜにとお思いでしょうけど、ここところ親しきひとに連絡とりあった際にしきりに御子様のランドセルの話題に転じまして。
どれがいいかなぁと盛んに言うもんですから、わたすも御協力させて頂こうかいとあっちこっち探してみた経緯でござんすよ。
極力、お安いところがよかろうと思いきや、「ランドセル 激安」なんぞのキーワードで探すも、まぁあるわあるわ、けっこうなその量に翻弄され、ハタシテどれがええのんか、さっぱりな次第でござんした。
フェリーデエマイユとかってのがいちおーよさげに見えたもんの、定価ベースではそこそこするもんですから、激安のそれを探してみますと、もち見つかりまして、『ランドセルのMIWA』ってところがいいかもしれんと思ったり。
そのフェリーデエマイユというややこしいランドセル名だけんど、定価よりはごっつ安いこともあり、さっそく親しきひとにお伝え申し上げたというわけ。
いやはやえらく喜ばれ、そこいいね!ってそんなFBじゃないんだから(笑)。
でもって、本題でござるが、超さぶいランドセルのこと、秘密めいたことではないんだけんど、時代は昔と違って、黒や赤ばかりじゃなくって、じつにカラフルなお色に満ち満ちているラインナップ、見事なもんで、ちっちゃなオナゴなんぞは恐らくピンクを選ぶであろうし、男児なんぞはブルーとかを選ぶであろう。
んで、さぶいランドセルというんは、茶系のそれでござるが、ちっとう○こ色とでもいいましょうか、連想のハテにう~んと唸るようなそんな色合いに、ちょこっと引いたりもして、いやいやどうして、カラフルのひとつということでまぁ理解はしたもんでござる。
ん~、くだらない文面で勝手つかまつる。ご免。
PR
HOME  3 2 1 
ほんちょのランドセルって
いやしくもほんちょのランドセルってどのようなものか御存知であろうか?(ほんちょは本当の意でござる)言葉遊びが好きなわたすは、なんであれ捻るのが好きなものですからご免遊ばせ。ぜんたい、ほんちょのランドセルっていうのはやはり皮であったり縫製であったり、やはり長く乱暴にも使うアイテムであるからしてジョーブなのがいとよろしというわけでござる。
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny